« アズールレーン航海日誌(その88) | トップページ | アズールレーン航海日誌(その89) »

2019.09.19

艦これアーケード航海日誌(その180)

「第漆回 期間限定海域:発令!第十一号作戦」
本日より作戦開始!

早速、丙と乙をプレイしてまいりましたー!

Kca_673
Kca_674
丙・乙共通で、E1は磯風、浦風、浜風、谷風、矢矧、大淀
E2は夕雲、潮、綾波、川内、神通、那珂、という編成で行ってみました。
今回のイベントは、以前のAL/MI作戦と同じように
水上電探を装備していないと艦隊の索敵範囲が極端に狭くなるので
命中upも兼ねて、何隻かに持たせるのが良いですね。
ゲージを見れば分かるように
ボスが重巡リ級、戦艦ル級といずれも鬼・姫級ではないので
特に難しく感じることはないかな、と思います。
ただ一応、E2は乙になると道中に潜水艦が出てくるので
そこだけちょっと注意するくらいか。
そういえば、前回のイベントでもあったボス戦での史実艦特効
私の編成だと、十七駆と川内が史実艦として該当する・・・ハズなのですが
例の\シャキーン/というSE&バナーエフェクトがあったのは川内だけ
十七駆はもしや後段or拡張作戦?・・・まだまだ不明ですね・・・

Kca_675
E3は高雄、愛宕、摩耶、鳥海、翔鶴、瑞鶴。
偵察機で敵艦隊に索敵を行うことで艦隊アイコン横のゲージが点灯し
航空攻撃のゲージがたまっていなくても先制航空攻撃が可能
というのもAL/MIの時と同じなので
ここでは瑞鶴に彩雲を装備させておきました。
敵偵察機に捕捉されると逆に先制航空攻撃を食らうのも同じなので
敵偵察機の迎撃用に、最低でも1スロは艦戦を装備させておくのが良いかも。

Kca_676
ボスは装甲空母鬼、及び装甲空母姫(ゲージ半分以下で変化)
ちなみに、丙では鬼の時のみ装甲ゲージ無し、乙は両方ゲージ有りです。
ただ、装甲ゲージの有無や耐久力の違いなどを除けば
性能自体は4-4に登場する個体とあまり変わらないと思われるので
4-4クリア済みの提督さんなら苦戦することはないかと。
Kca_677
近くの艦隊と連合を組まれないように気をつければ
ひとまず乙までなら余裕のよっちゃん(昭和)である。
あ、あとここでの特効は鳥海のみ確認
五航戦もセイロン沖海戦に参加していたはずですが、やっぱり後段かな?


Kca_678
Kca_679
丙・乙ともに無事クリア!(丙1回、乙2回クリア)
ついに実装となった速吸用の洋上補給など各種新装備をゲットですが
増設バルジ(中型艦)は・・・これはどうだろ、使いどころはあるかな?
装甲ゲージが追加されるのは確かに心強いかもしれないけど
補強増設が実装されていないアケ版では装備選択の幅が狭まるのが難点か。
基本、「当たらなければどうということはない」のがアケ版なので
有効な使い方が見つかるまではひとまず保留・・・かな?
まぁひとまずロックはしておきましょ。


Kca_680
Kca_681
丙、及び乙の1回目で明石
乙の2回目で速吸、無事ゲットいたしました!
後段作戦の開始が意外と早く(来週木曜開始)
彼女たちの星付けにあまり時間をかけられないので
改は無難に設計図で・・・かな。
・・・ところで、明石を後ろからタッチすると
「クレーンにあまり触ったら危ないですよ?」のボイスが聞けるのですが
そのあとの「あっ!そこはもっと危ないです!」の時
大淀と同じようにスカートのスリット部分を押さえるんですよ。
やっぱりそこに手を突っ込むのか提督・・・

|

« アズールレーン航海日誌(その88) | トップページ | アズールレーン航海日誌(その89) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アズールレーン航海日誌(その88) | トップページ | アズールレーン航海日誌(その89) »