« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019.05.31

艦これ航海日誌(その407)

Kan_colle_3667
Kan_colle_3668
さぁ、いよいよ前段作戦の山場、E3!
かなり難易度高めと評判のE3、普段の私なら乙以下にするところですが
今回は甲限定報酬がどうしても欲しかったので
意を決して甲作戦を選択!


Kan_colle_3669
Kan_colle_3670
まずは高速統一の水上打撃部隊で挑む第一ゲージ、編成は
第一艦隊にイタリア、高雄、愛宕、熊野、千歳、千代田
第二艦隊に阿武隈、那智、足柄、タシュケント、初霜、大井、となります。
E3は史実の第五艦隊やソ連艦に特効があるということなので
そこも考慮に入れての編成となりました。
前衛支援、決戦支援はもう最初っから全力投入!
また、基地航空隊は陸戦1、陸攻3を2部隊ボスマスに集中
もう1部隊は、烈風改1、雷電2、陸戦1を防空に回しました。

Kan_colle_3671
上記の編成でBFILNの最短ルート。
途中で基地への空襲があるわけですが
かなり高確率で敵機を全て叩き落として損害無しにしたり
E1でゲットした烈風改が早速その高性能っぷりを披露してくれました。

Kan_colle_3672
第一ゲージボスは重巡棲姫。
甲作戦で登場するのは青いオーラをまとった強化個体、ということでしたが
Kan_colle_3673
ぶっちゃけ随伴が弱く、基地航空隊や支援で大半があっさり壊滅するので
まず苦戦することはないかと。
運が良いと昼戦の内に終わってしまうレベルだったり。

Kan_colle_3674
Kan_colle_3675
装甲がさらに強化されるラスダンも
タシュケントの魚雷カットインでぶち抜いてフィニッシュ!
Kan_colle_3676
Kan_colle_3677
一応、その後に控える初霜も魚雷カットイン仕様にしていたのですが
出番が回ってくる前に終わってしまいました・・・(笑)


この段階で第二ゲージが出現しますが、ボスまでが遠いため
新たな出撃地点を出現させるギミックに取りかかります。
Kan_colle_3678
まずは第一ゲージ攻略時の編成のまま、ちとちよに艦戦をガン積み
陸戦と艦戦満載の基地航空隊をIマスに送って航空優勢以上。
続けて、愛宕を大鳳に変更(彼女も艦戦ガン積み)
機動部隊編成でEマス制空権確保、及びOマスS勝利。
これで新たな出撃地点が出現です。

Kan_colle_3679
Kan_colle_3680
第二ゲージは機動部隊で!
第一艦隊はネルソン、大鳳、阿武隈、アークロイヤル、大潮、神威
第二艦隊は大淀、ヴェールヌイ、タシュケント、那智、足柄、ガングート。

Kan_colle_3681
機動部隊で攻略する場合は高速統一である必要があるので
ネルソン、神威、ガングートは新型缶とタービンで高速化しておきます。
・・・それにしても補給艦入り編成とか
先行組の皆さんはホントよく思いつくよなぁ・・・
Kan_colle_3682
Kan_colle_3683
また、複数の陸上型と戦うことになる第二ゲージですが
対地3点セットを搭載可能な艦を第一艦隊に
WG42や三式弾を装備した艦を第二艦隊に配置するのがポイントですね。

Kan_colle_3684
2マス目が能動分岐となるのですが
ギミック解除時に通過したJマスがヲ級改やらヌ級改やらで
結構ヤバそうな感じだったので(この時は損害軽微で通過できましたが)
下のIマスに進むことに。
その後はKかLのランダムになるようですが
攻略中Kに逸れたのは2回だけでした。
で、こちらはこちらで空襲が2回もあるので
脆い補給艦である神威がここで大破しやすいかも・・・?と思って
彼女に一応応急修理女神を積んでおいたのですが
攻略中は空襲で中破することもなく無事通過することができました。

Kan_colle_3685
第二ゲージボスは初登場、北方棲妹。
ほっぽちゃんにまさかの妹が!?
Kan_colle_3686
その他に砲台子鬼、飛行場姫、集積地棲姫と陸上型がずらり。
随伴艦隊にいるPT子鬼群が地味にというかかなり厄介ですが
そちらは命中重視の支援艦隊や
第二艦隊のヴェールヌイ&タシュケントにお任せするとして・・・
Kan_colle_3687
対地3点セットの阿武隈と大潮を第一艦隊に入れたのがここで活きてきますね。
ネルソンタッチも含め、攻撃が特に集積地棲姫に向かえば
たとえ中破していてもワンパン可能なので(また集積ちゃんが燃やされてる・・・)
夜戦での攻撃目標を確実に減らしてボス撃破がしやすくなるというすんぽうさ!

Kan_colle_3688
Kan_colle_3689
ラスダンではお馴染み「壊」に変化。
装甲がかなり上がり、また随伴艦の構成も変わったこともあってか
削り中はボスマスに到達すれば確実に撃破できていたのが
下手に随伴が残ってたりして削りきれずに
一転して2回連続で撃破失敗。
これはさすがにちょっと沼るか・・・?とも思いましたが続く3回目
北方棲妹の他、飛行場姫、輸送ワ級が残った状態で夜戦突入
飛行場姫をタシュケントが、輸送ワ級を那智が仕留め
続く足柄・・・は惜しくも北方棲妹を仕留めきれなかったものの
Kan_colle_3690
ガングートがばっちり決めてくれました!ウラー!
この前に北方棲妹の攻撃で中破してたのよね彼女・・・
大破してたら仕切り直しとなってただけに助かった・・・!

Kan_colle_3691
Kan_colle_3692
E3、甲作戦無事突破となりました!みんなお疲れ様!
かなり大変な攻略になると思ってましたが、やってみるものですね。
・・・後段は難易度下げちゃってもいいよね・・・(笑)


Kan_colle_3693
丙以上の報酬である烈風改(試製艦載型)
こちらも十分強い艦戦なのですが・・・
Kan_colle_3694
甲突破報酬、烈風改二!
対空+13という驚異の性能はかの伝説の機体、震電改に次ぐもので
これはどうしても欲しかった・・・!めっちゃ嬉しい・・・!

Kan_colle_3695
そして新艦娘、ジュゼッペ・ガリバルディ!
初のイタリア軽巡!ようこそ我が鎮守府へ!
ぱっと見は摩耶みたいな感じの子ですね。これからの活躍が楽しみー!
・・・それにしても、彼女の姉であるネームシップ
「ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ」
名前がめちゃくちゃ長いんですよね・・・(笑)
仮に実装されたら自己紹介とかいろいろ大変そうな気がする・・・

| | コメント (0)

2019.05.27

艦これ航海日誌(その406)

Kan_colle_3650
Kan_colle_3651
春イベE2は坊ノ岬モチーフ!
ネタとしては後半海域向けだろうと思っていたので
ここで来るのは正直意外でしたが・・・
とはいえ、坊ノ岬イベが来ると踏んで、朝霜や涼月など
坊ノ岬組でレベルの低かった子たちを重点的にレベリングしておいたのが
お札の配分という意味でも功を奏した形です。
(たとえば浜風や磯風なんかは真珠湾の史実艦でもあるので)
難易度は乙となります。


まずは輸送ゲージ。
Kan_colle_3652
編成は矢矧、涼月、朝霜、村雨、江風、祥鳳。
村雨と江風は輸送ゲージを効率的に減らすための大発要員として採用しました。
Kan_colle_3653
秋月型である涼月は言うまでもなく対空カットイン要員ですが
ボスマス到達には水上電探が必要っぽいので
(乙でいくつ必要か不明なので、甲に準じて2つ用意することに)
水上と対空両方の性能を兼ね備えたGFCS Mk.37を装備させました。
(もうひとつは矢矧にFuMO25を)

Kan_colle_3654
空襲1回の後、通常戦闘2回と揚陸マスを経てボスマスへ。
・・・で、ボスマスで待ち構えているのが
水雷戦隊だと昼戦で相手にするにはちと分が悪い戦艦棲姫、しかも
乙でもダブルダイソンになる場合がある
・・・とだけ書くとめっちゃ厳しそうに見えるのですが
基地航空隊を2部隊とも陸攻オンリーにして集中させると
Kan_colle_3655
基地航空隊だけで全滅させることも可能。
乙作戦ということもあるのでしょうけど
ゲージ削り中、半分くらいは砲撃戦突入前に決着がついていましたね。
基地航空隊特効があるとはいえこれはすごい・・・!
最初は一応決戦支援を送っていたのですが
2回目以降は支援なしで、まったく問題なしでした。

Kan_colle_3656
というわけで、輸送作戦は特に沼ることもなくすんなり終了!

Kan_colle_3657
これで戦力ゲージが出現
・・・ですが、この段階では新たなボスマスがまだ出現していないので
乙ではCマスで航空優勢以上を取る必要が。
Kan_colle_3658
戦闘機オンリーの基地航空隊をCマスに送り込んでおけば
同じく戦闘機ガン積みの軽空母2隻でこの条件は余裕で達成可能。
(6隻編成で行く必要は無し)
ここでは祥鳳&瑞鳳で行きました。

Kan_colle_3659
新たなルート&ボスマス出現!
・・・何だかいつぞやのレイテイベの時のように
マスが密集してますね・・・(^^;)
さぁ、ここからが本番です!


Kan_colle_3660
村雨&江風を、大和&雪風に交代!
祥鳳がいるので、純然たる坊ノ岬組ではないのですけど
それでも、このメンバーでの攻略はちょっと気が引き締まる思いです。

Kan_colle_3661 
この編成で進むのは、N→O1→O2→O3→P3→Q3→R→H→T→Uの
空襲3、潜水2、通常戦闘2でボスマスに到達するルート。
坊ノ岬組にとってはトラウマとも言えるこの海域での空襲ですが
史実と違ってここでは基地航空隊のエアカバーを受けられる!
さすがに3マス全ては無理なので
削り中は1部隊を戦闘機隊としてQ3とRに分けて派遣
敵機を少しでも減らして安定度を高めるようにしました。

そしてもうひとつ、道中最大の鬼門ともいえるのが
ル級flagshipが3隻確定で出現する、ボス前のTマス!
大和以外は装甲の薄い艦しかいない編成なので
正面切って撃ち合うのは非常に危険・・・なので
Kan_colle_3662 
ここは警戒陣にしたうえで、道中航空支援を送る作戦で。
(航空支援は陣形の影響を受けないという利点がある)
実際削り中は、ここでの大破撤退は2回のみで
高確率でくぐり抜けることができました。
・・・ちなみに航空支援の編成ですけど
日米の空母で坊ノ岬組を支援している、という構図が
個人的にかなり胸アツでございました・・・!

Kan_colle_3663 
ボスマスで待ち構えるのは空母棲姫!
甲作戦だと彼女もダブルでくる可能性がある(ラスダンは確定)そうですが
乙以下ならラスダンも1隻のみなので対処しやすくなりますね。
陸戦1、陸攻3の基地航空隊1部隊を集中させたうえで
祥鳳に艦戦を満載しておけば航空優勢が確実に取れるので
矢矧と大和は昼戦での弾着が可能。
決戦支援も抜かりなく送り込んでおけば盤石!

・・・そう、かつての坊ノ岬のようにはいかない!


ラスダンでは、空襲マスに向かわせていた航空隊も
陸戦1、陸攻3としてボスマスに集中・・・させたところ

基地航空隊2部隊の集中攻撃で空母棲姫まさかの速攻中破
随伴艦も決戦支援でことごとく壊滅
Kan_colle_3664 
大和の連撃であっという間に決着!

Kan_colle_3665 
道中で祥鳳が小破したのみ、損害軽微のほぼ完璧な勝利!
もしかしたら、また坊ノ岬モチーフのイベントがあるかもしれませんが
ひとまず!史実艦メインで無事乗り越えることができました!
みんなお疲れ様!
・・・イベントはまだ3海域も残っているけどね!(笑)

Kan_colle_3666 
突破報酬、海防艦八丈!
ハチ・・・はっちゃん?何か誰かと被るような気がするけどまぁいいか(笑)。
同じく新規実装の石垣は残念ながら攻略中にはドロップしませんでしたが
まぁE3でも出るらしいので、焦ることもなし。

| | コメント (0)

2019.05.25

アズールレーン航海日誌(その76)

Al_330
鉄血の科学力は世界一ィィィィーーーー!


イベント「黒鉄の楽章、誓いの海」開催中・・・ということで

Al_331
満を持して実装、ビスマルク!
期間限定建造で速攻出しましたとも!
ゲーム開始時のオープニングイベントでその姿を見せていたものの
ドイツ艦の目玉ということもあってなかなか実装されなかった彼女
いよいよゲームで思う存分使える日が来た・・・!
いやーやっぱカッコイイです。
改めて見ると、妹のティルピッツと衣装の色が対になっているんですね。
(ビスマルクが黒、ティルピッツが白)
ティルピッツを強化するスキルを持っているのも嬉しいところ。
早く姉妹そろって出撃させたい。


そしてもう1隻、個人的に狙っていたのが・・・

Al_332
キング・ジョージ5世!
イベントをコツコツ進めていけば、イベント補給で確実にゲット可能なので
まぁ焦らず「鉄血の紋章」を貯めていこう・・・と思ってたら
その前に、こちらも限定建造でポロッと来てしまいました・・・!
ビスマルクと違ってピックアップなし、のハズなんですけど
運が良かった・・・!

英国王の名を冠する艦、そしてCVが川澄綾子さん、ということで
某セイバーさんっぽい感じになるのか・・・と発表当時は思ってたんですけど
実際にボイスを聞くと、某セイバーさんとは声の感じは全く異なっていて
あぁ、さすがにそのまんまというかパロディっぽい感じにはしないのね
・・・と油断していたら
Al_333
Al_334
腹ペコ王じゃ・・・腹ペコ王がおる・・・!

| | コメント (0)

2019.05.24

艦これ航海日誌(その405)

Kan_colle_3639
Kan_colle_3640
春イベ「発動!友軍救援『第二次ハワイ作戦』」
攻略開始です!
E1は甲作戦での挑戦となります。


Kan_colle_3641
編成は阿賀野、夕雲、吹雪、萩風、嵐、ジャーヴィス。
この後の海域では、坊ノ岬、AL作戦、(おそらく後段で)真珠湾
それぞれの史実に関わりのある艦が必要となるようなので
それ以外の艦の中から練度の高いメンバーを選出してみました。

Kan_colle_3642
索敵値や水上電探の数がルート固定に重要っぽいので
各艦の装備は、阿賀野に主主偵、夕雲・吹雪・萩風・嵐に主主電探

Kan_colle_3643
ジャーヴィスのみ、主主ソナーとしました。


Kan_colle_3644
作戦開始時点ではボスマスが出現していないので
まずはGマス(小樽港)、Uマス(単冠湾)へと進軍
(5隻編成にするとUマスに進めるので、この時は嵐を一旦外しました)
その後S、OマスでS勝利。
道中、所々で潜水マスが存在しますけど
無条件で先制対潜可能なジャーヴィスがいるだけでかなり楽ですね。
最初は、同様に無条件先制対潜可能なサムとジョンストンも候補だったのですが
後段でハワイに向かうとなると
真珠湾組と同じく米艦もルート固定や特効持ちとなる可能性があるので
(現時点では後段が開放されていないので詳細は不明)
そちらとは全然関係の無いジャーヴィスを採用したという次第。


Kan_colle_3645
E1ボスは潜水姫や重巡あたりが定番だったので
軽巡と駆逐しかいない今回のボスマス、これは余裕のよっちゃん!(昭和)
・・・と思いきや
Kan_colle_3646
旗艦のツ級がよもやのflagship
ステータスも軽巡の皮を被った何かに・・・!
レ級ノーマルと比べても遜色ないとかおかしいですよ!

・・・とはいえ何だかんだで鬼でも姫でもない普通の深海棲艦
その装甲の高さゆえ、昼戦で撃沈するのはやや困難ですが
夜戦に持ち込めば問題なく撃沈可能。
決戦支援や基地航空隊をケチらずに送り込んで随伴艦を片付けておけば
さらに楽になりますね。

Kan_colle_3647
Kan_colle_3648
ラスダンは夕雲がツ級flagshipに連撃を叩き込んでゲージ破壊
(残りのツ級eliteも吹雪が仕留めました)
特に苦戦することもなくさっくりクリアしました!
・・・そういえば今回
夕雲がお出掛けmodeに戻ってて最初の出撃でちょっとびっくりした(笑)。
(吹雪も同様にお出掛けmodeだったので、もしかしたら三隈も?)
艤装も無しにツ級を叩き潰す夕雲姉さんマジパナイ。


Kan_colle_3649
丙以上のクリア報酬である烈風改!
「艦載機」の烈風改が以前のアプデで烈風 一一型に名称を変更したため
改めてその名が付けられた「局地戦闘機」ですね。
防空時の制空値が、今まで我が鎮守府では最強だった
雷電や64戦隊が霞むレベルでめっちゃ高い!
こんな高性能機がE1で貰えるとか太っ腹ー!

| | コメント (0)

2019.05.21

艦これ航海日誌(その404)

アケ版は二航戦改二実装で盛り上がっておりますが
こちらはついに・・・!赤城改二実装!満を持して!
Kan_colle_3631
Kan_colle_3632
金剛改二丙と同じような演出、やっぱり入りますねー。カコイイ。

Kan_colle_3633
ついに5スロ空母爆誕!
上4スロは改から少ーしだけ搭載数が増えた感じなので
今までと同じように艦載機を載せつつ
5スロ目には状況に応じて彩雲や整備員、缶・タービンなど
臨機応変に活躍できそうですね。まさに正当進化!

しかもコンバート改装可能!
資源は十分すぎるほどあるので、せっかくなのでちょっとコンバート。
Kan_colle_3634
Kan_colle_3635
その名も赤城改二戊(ぼ)!
まさかの夜間作戦空母になっちゃいましたよ赤城さん!

Kan_colle_3636
火力が上がる一方で搭載数が減少
しかもかなり尖ったスロット配分になっているのが特徴ですね。
・・・とはいえ、我が鎮守府では夜間戦闘機や夜間攻撃機の数が少ないので
夜間航空攻撃は基本サラ姉にお任せして
赤城さんは改二での運用がメインとなりそう。


Kan_colle_3637
Kan_colle_3638
立ち姿に全く隙が無い・・・!これは間違いなく強者・・・!
改二戊は夜間作戦空母となったことの表現なのか、やや暗めの色調で
飛行甲板に誘導灯らしきものが点いているのが芸コマですね。
あと、さながら光っているかのように瞳の色が変わってるのも興味深い。
赤城さんはイノベイターだった・・・?


イベントは例によって情報待ちでございます。

| | コメント (0)

2019.05.20

艦これアーケード航海日誌(その162)

Kca_634
Kca_635
いよっしゃあああああ!!

Kca_636
Kca_637
二航戦改二!
アプデ後のプレイ初日で2人とも着任しました!良かったー。
蒼龍は建造で(300/300/600/600)
飛龍は3-4表でのドロップでございました。
3-1や3-3でも改二ドロップの情報があったので
い号やアルフォンシーノ任務が出たらそっちも回ってみようかと思ってましたが
その前に来てくれましたね。わりと早かったかも。

母港での新規モーションはもちろんのこと
艦載機発艦時のカメラアングルがリニューアルされているのも必見!
矢を放つ瞬間に桜の花びらが舞う演出が最高・・・!

Kca_638
蒼龍改二の初期装備である九九式艦爆(江草隊)
ブラウザ版ではあまり気にしてなかったんですけど、改めて見ると
結構・・・いや、かなり派手!
このカラフルな尾翼をこちらに向けての急降下爆撃
めっちゃ見栄え良くてカッコイイ・・・!
彗星一二型甲より命中の高い、何気に艦爆の中でも優秀な機体
(回数上限はあるけど)蒼龍改二秘書艦の第三開発で増やせるので
あとでしっかり作っておこう。

| | コメント (0)

2019.05.14

艦これアーケード航海日誌(その161)

Kca_633
今度こそ島風改(決戦mode)きたああああ!!
昨日同様、3-4をボスが泣くまで殴るつもりでとことん周回していたのですが
普段は島風の出ない1-5でもドロップあり、との情報があったので
気分転換がてら周回してたら・・・ビンゴ!
最初は半信半疑だったのですが
改装前の決戦modeがこの直前にドロップ、あぁこれは間違いないな、と。


ふぅ・・・これでイベント艦のレベリングに戻れるわぁ・・・

と思ってたら木曜日に二航戦改二実装ですとー!?
おお・・・ついに来ますか・・・!
さすがに今回は実装日にプレイできないので来週までお預けですねぇ。
本家ブラウザ版のイベントも来週からいよいよ開始ですが
我が鎮守府は例によって例のごとく情報待ちで待機、なので
まずはこちらの二航戦狙いに集中できそう。

| | コメント (0)

2019.05.13

艦これアーケード航海日誌(その160)

(3-4周回中、艦娘着任画面)
・・・このシルエット!
特徴的なウサ耳リボン!足もとの連装砲ちゃん!
島風決戦modeきた!勝ったッ!第三部k
Kca_632
・・・って改じゃないんかーい!!

ということが2回も・・・(笑) こっちも出るのよねそう言えば。
島風(決戦mode)と島風改(通常)のカードを同時に読み込んだ時
呼び出されるのは島風改(通常)の方なので
やはり改(決戦mode)のカードが必要不可欠・・・!

(3-4主力艦隊に向かって)
君がッ 決戦modeを出すまで 殴るのをやめないッ!

| | コメント (0)

2019.05.10

艦これアーケード航海日誌(その159)

大淀さんのオリジナルイラストカード、だと・・・!?

三周年記念キャンペーンの新たなるカードとして追加された大淀さん
つまりこれは大淀嫁の提督からニッケルを搾取するための罠。だまされんぞ。
汚いなさすがセガきたない(チャリンチャリン)

Kca_631
・・・口では強がり言っても身体は正直なもので(笑)
仕事帰り、買い物ついでにゲーセンに直行して速攻ゲットしてきました。
大淀さんカワイイヤッター!
・・・でももちろん1枚だけで我慢できるはずもなく
(運もupするというのに複数枚重ねない理由が見当たらない)
キャンペーン期間中はまだまだ掘る気満々ですけどね!
今回ドロップしたのは南方海域の5-4(表)でしたが
公式の説明では西方海域でも邂逅可能ということなので
来週の休みは、先のイベント新艦のレベリングがてら
4-4あたりもガンガン周回してみようかと思っています。

あと、よもやの島風(決戦mode)も実装となっているので
(ブラウザ版のレイテイベの時の限定グラですね)
できればそっちもゲットしたい・・・!

| | コメント (0)

2019.05.07

艦これアーケード航海日誌(その158)

4月作戦、まさかのランクイン!
・・・と言っても第三群、400後半ですけどね。
先月はイベント海域をかなり周回してたのでその影響もあったのかな。
Kca_630
今回貰ったのは二式水戦改ですが
アーケードではブラウザ版のように艦載機熟練度は実装されていないし
そもそも水戦の種類もまだまだ全然少ないので
今のところは制空補助に使うにしてもちょっと心許ない・・・かな?
ただ、アケ版でも今後熟練度実装などで化ける可能性も十分にあるので
間違っても廃棄しないように、大事に取っておきましょ。

| | コメント (0)

2019.05.01

艦これ航海日誌(その403)

あばよ平成! よろしく令和!
Kan_colle_3628
早速掛け軸を用意するとは、さすが仕事が早いぜ・・・!

Kan_colle_3629
「海防艦姉妹がよってたかって書いてくれた」という説明文は
思わずクスッとなっちゃうよね(笑)。
「令和元年」の一文字一文字、書体や大きさが微妙に違っているのが
芸コマですよねぇ。いいですよねぇ。
Kan_colle_3630
・・・とほんわかしながら改めて設置した掛け軸を見たら
下のニャーでズコー!(昭和)となってしまった・・・(笑)
ご丁寧に落款入りで何描いてるんスか佐渡様!

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »