« アズールレーン航海日誌(その60) | トップページ | 艦これ航海日誌(その385) »

2018.12.29

艦これ航海日誌(その384)

Kan_colle_3459
Kan_colle_3460
冬イベ「邀撃!ブイン防衛作戦」!
さぁ、ぼちぼち我が鎮守府も作戦開始なのです。
というわけでE1「中部ソロモン海域鼠輸送」、乙作戦での挑戦です。


作戦名に「鼠輸送」とあるとおり、まずは輸送ゲージ。
Kan_colle_3461
Kan_colle_3462
ここでは、村雨改二、満潮改二、荒潮改二、江風改二の駆逐艦4隻編成で
全員に大発を装備させての出撃となります。

Kan_colle_3463
道中はCEF(揚陸地点)Gの最短ルート。
こちらの数が4隻と少なく、撃ち漏らすと多少まずいかも?と思って
支援艦隊も一応送り込んでおきました。

Kan_colle_3464
輸送ゲージのボスマスにお馴染み重巡棲姫・・・ということはさすがになく(笑)
たいして強くない編成だったので余裕のよっちゃんでS勝利。

Kan_colle_3465
Kan_colle_3466
Kan_colle_3467
わずか2回の出撃で輸送ゲージを破壊、戦力ゲージに移行しました。


Kan_colle_3468
戦力ゲージは、先の編成に由良改二と白露改二を追加しての出撃。
Kan_colle_3469
Kan_colle_3470
駆逐艦はそれぞれ、主砲×2・水上電探を装備。
由良さんは甲標的・魚雷・副砲・増設副砲で
雷装を上げつつ、先制雷撃と夜戦連撃が可能なようにしておきました。

Kan_colle_3471
今度の進軍ルートはBHCL。
「旗艦に水上電探」かつ「難易度に応じた水上電探の装備人数」
という条件を満たしていないと
今回のイベントで初実装となった「レーダー射撃マス」に逸れ
敵艦隊からの一方的な砲撃にさらされることになるそうで。コワイ!
これは史実で、村雨とこのE1の報酬となる艦が
この海域での夜戦でレーダー射撃による攻撃を受け
まともな反撃も出来ぬうちに沈められたことが元ネタか。

Kan_colle_3472
ボスは初登場、深海雨雲姫。
「鼠(輸送)駆逐艦」という艦種、名前に含まれる「雨」「雲」の文字
その容姿、セリフから察するに
このマップの元ネタとなった戦いで沈んだ村雨と僚艦がモデルのようですね。

Kan_colle_3473
乙作戦でも最初から軽巡ツ級が3隻もボス艦隊に含まれており
しかも昼戦は一巡で終わってしまうため、撃ち漏らした後の雷撃が怖いので
E1だからと言って決戦支援をケチらずにしっかり送り込み
なおかつ由良さんの先制雷撃もぶち込んで随伴を減らすと
戦闘はかなり楽に!
しかも、朝潮型と白露型、特に村雨に特効があるようで
いい感じでゲージを削っていけます。

Kan_colle_3474
雨雲姫が恒例の「壊」となるラスダンも問題なし。
江風がツ級の直撃弾を食らって大破するものの
僚艦を全て撃沈して夜戦突入。そして・・・

Kan_colle_3475
見よ、この減り。

Kan_colle_3476
特効の乗った村雨の連撃が炸裂
村雨が自身の因縁に自らケリをつけるような形で
実にカッコよく、無事に海域突破となりました!


Kan_colle_3477
乙以上のクリア報酬、二式陸上偵察機ゲット!
行動半径8、かつ基地航空隊の距離延長も可能と
なかなか優秀な機体のようですね。ありがたやー。

Kan_colle_3478
そして駆逐艦峯雲、無事合流!
史実では村雨と共に沈んだ彼女
ボスにとどめを刺したのが村雨だったので
ある意味、村雨が彼女を救い出したような形になったのが感慨深いですね。

|

« アズールレーン航海日誌(その60) | トップページ | 艦これ航海日誌(その385) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アズールレーン航海日誌(その60) | トップページ | 艦これ航海日誌(その385) »