« 艦これ航海日誌(その373) | トップページ | 艦これ航海日誌(その374) »

2018.10.15

艦これアーケード航海日誌(その126)

AL作戦、難易度甲にチャレンジです!


E1とE2は丙・乙と同じ編成で突破しましたが
E3は高雄、愛宕を金剛、榛名に変更してみました。
Kca_509
金剛と榛名の主砲はフィットによる命中率アップ、リロード短縮優先で
試製砲とダズル砲を、残りは三式弾と徹甲弾で。
Kca_510
ちとちよは、あえて艦戦を取っ払って艦攻×3
千歳に熟練艦載機整備員、千代田には彩雲を装備。
北方棲姫に対してはマップ空爆を行わず
索敵からの先制航空攻撃及び開幕航空攻撃で
戦闘開始直後から護衛要塞に一気にダメージを与えて
より優位に戦闘を進めていけるように。
丙・乙の時は制空権を重視していたので
このあえて制空を捨てる戦法を知った時は目からウロコでしたね。

道中の進軍ルートもひと工夫。
スタートと同時にまずは取舵いっぱい(この時陣形変更はしない)
マップ左上に向かって進軍して、スタート地点のそばにいる艦隊をスルー
その後複縦陣に変更、マップ上を通って北方棲姫を目指します。
これで、北方棲姫の上方にいるル級改の艦隊
もしくは、連合を組んだル級改艦隊とヲ級艦隊との1戦のみで
ペナもなく北方棲姫に向かうことが可能。
この時の両艦隊は、回避困難なサークルをあまり出してこないようなので
(少なくとも私はミッキーとか出されませんでしたね)
結構落ち着いて対処可能です。

あとはしっかり北方棲姫に索敵をおこなってから会敵!
随伴艦隊がル級改×3の危険極まりない編成になっているので
そちらの動きもレーダーで良く見て
なるべくT字有利か同航になるように立ち回るのがポイント。
(例によって随伴艦隊を相手にしている余裕はありません)
・・・といっても食らう時は食らっちゃいますけどね(^^;)。

ラスダンでは、中盤でちとちよ大破、終盤で時雨と夕立が中破となるものの
金剛と榛名が損傷軽微
この状態で護衛要塞は全て撃破していたので、よしこれはイケる!
・・・とうっかり油断していたところで金剛が随伴艦隊の砲撃で大破
一転してこれはちょっとマズいか・・・とちょっと焦ったのですけど
Kca_511
夜戦で榛名と時雨のカットインが発動し、残り1秒、ギリギリで決着!

Kca_512
AL作戦、甲作戦無事クリアとなりました!
ちょっとどころかかなりボロボロだけど(^^;)、みんな良く頑張った!


Kca_513
甲作戦のクリア報酬、25mm三連装機銃 集中配備!
この装備のみで機銃の対空カットインが発動可能で
(高雄も実際これでちゃんとカットインが発動しました)
つまり、たとえば駆逐艦に秋月砲・集中配備・対空電探と装備させれば
ダブルカットインも可能というスグレモノ!
できることならゲットしておきたい装備ですね。

|

« 艦これ航海日誌(その373) | トップページ | 艦これ航海日誌(その374) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ航海日誌(その373) | トップページ | 艦これ航海日誌(その374) »