« アズールレーン航海日誌(その48) | トップページ | 艦これ航海日誌(その367) »

2018.09.10

艦これ航海日誌(その366)

Shinjo

第二期初イベントだあああああ!!
久々のイベント、否が応でも気分が高揚するってモンですね!


Kan_colle_3251
Kan_colle_3252
というわけで我が鎮守府でもいよいよ作戦開始!
E1は難易度甲でのチャレンジとなります。
Kan_colle_3253
対潜能力の高い艦を中心に、ということで今回選出したのは
夕雲、サミュエル・B・ロバーツ、朝潮、阿賀野、潮の5隻。
この並び方になっているのは、道中で警戒陣を選択するためです。
Kan_colle_3254
一番レベルの低いサムも含め、全艦先制爆雷が可能!
何気に先制爆雷可能な艦が増えててありがたいことです。
言うまでもなく、ソナー・投射機・爆雷の三点セットでダメージアップを図ります。
サムは海外艦ゆえ、今回のイベントでは後日開放される後段作戦で
ルート固定などで有用となる可能性もあるのですが
その一方で低速艦ゆえ、高速統一で弾かれる可能性もまたあるため
(あと向かう場所のモチーフ的に、どちらかと言えば米国艦は関係ない可能性も)
このE1で投入することにしました。

Kan_colle_3255
この軽巡1、駆逐4の編成だと右スタート
道中2戦の最短ルートでボスまで到達可能。
道中は脆い敵がほとんどであるものの
下手に撃ち漏らすと雷撃が地味に怖いので
支援艦隊はケチらずに出しておくが吉ですね。

Kan_colle_3256
潜水新棲姫もついにバカンスmodeに・・・
やっぱりバカンス中の連中を襲ってんじゃねーか!(笑)
結果的に制海権を回復してるからセーフ
Kan_colle_3257
こちらにも支援艦隊(対潜)を送っておくと安定しますね。
支援艦隊→先制爆雷で姫に早々に大ダメージを与えられれば
昼戦できっちり終わらせることも可能。
まぁ随伴の駆逐が残ってたら夜戦に突入しちゃえばいいんだけど。

姫のHPが上昇する最終形態はさすがに開幕で中破以上にもっていけず
逆に開幕雷撃で阿賀野が中破するものの
Kan_colle_3258
Kan_colle_3259
その後は怒濤の爆雷投下でしっかりゲージ破壊!
イ級後期型eliteの雷撃でサムが大破してしまいましたが
そこは夜戦できっちりお返ししてやりましたとも。
特に沼ることもなくするりとクリアです。


Kan_colle_3260
甲のクリア報酬、22号対水上電探改四(後期調整型)!
今までずーっとランカー報酬のみだった、優秀な電探がついに!
Kan_colle_3261
そして特二式内火艇!
あわせてみんな大好きロケランことWG42も。
次のE2のボスが陸上型ということもあって
対地上型の装備が増えるのはホントありがたいですね。

|

« アズールレーン航海日誌(その48) | トップページ | 艦これ航海日誌(その367) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アズールレーン航海日誌(その48) | トップページ | 艦これ航海日誌(その367) »