« 艦これアーケード航海日誌(その110) | トップページ | アズールレーン航海日誌(その33) »

2018.05.07

アズールレーン航海日誌(その32)

指揮官「この子は私とベルの愛の結晶・・・そうだそうに違いない」
エディンバラ「ベルー!指揮官が出撃しすぎておかしなこと言い出したー!」
ベルファスト「仕方ありませんね・・・ご主人様の矯正もメイドの務めです」
(重桜艦から借りてきたバッターをおもむろに取り出しながら)


Al_142
と、いうわけでベルちゃん着任です!
饅頭イベント、のんびり進めてたら結構ギリギリだったわ・・・(笑)
とりあえず某空母と某女神の視界に入らないようにしないと(使命感)
イベントストーリーには出てこなかったけど油断できない

ベルファストをそのまま小さくしたような外見どおり
火力や雷装値、耐久値などがベルファストよりも低く
ベルファストの下位互換・・・かと思いきや
自身の速力・回避上昇、艦隊全員の耐久値回復といった優秀なスキルを持ち
なかなか優秀な「めいどちょー」な模様。
ストーリーを見れば分かるように、一応ベルファストとは「別人」なので
ダブルメイド長で一緒に海域お掃除に励むのもアリですね。

CVはベルファストと同じ堀江由衣さんで
セリフもところどころベルと似通っていたりするのが微笑ましいのですが
Al_143
うっかり胸部装甲に触れようものなら
しれっと不穏なことを口にするのがコワイ・・・(笑)


Al_144
最上改造完了、重巡に生まれ変わりました!
ベルちゃんお迎えするために頻繁に出撃させてレベルもぐーんと上がったので
すでに主力重巡の一角です。

・・・三隈の改造実装もはよう。

|

« 艦これアーケード航海日誌(その110) | トップページ | アズールレーン航海日誌(その33) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これアーケード航海日誌(その110) | トップページ | アズールレーン航海日誌(その33) »