« 艦これアーケード航海日誌(その101) | トップページ | 艦これ航海日誌(その348) »

2018.03.08

艦これ航海日誌(その347)

Kan_colle_3075
Kan_colle_3076
E6「追撃!第二遊撃部隊」!丙作戦での攻略です。


ゲージを3つ破壊する必要があるこの海域
第一ゲージのボスマスへ向かうには
志摩艦隊札が付いた艦娘、および札の付いていない艦娘が必要となるので
Kan_colle_3077
Kan_colle_3078
E5の志摩艦隊から霞、島風、鬼怒、那智、足柄をピックアップ
そこにイタリアとローマを加えた編成としました。もちろん遊撃部隊ですね。

Kan_colle_3079
道中2つある空襲マスに陸戦&艦戦による基地航空隊を送り込みつつ
ボスマスまで一直線。
丙でも、黒い新型機を放ってくるヌ級のいるOマスが地味に厄介っぽいですが
ここは抜かりなく道中支援も投入し
イタリア&ローマの砲撃とあわせてやられる前にやる戦法で(脳筋)。

Kan_colle_3080
Kan_colle_3081
サマール沖三羽烏その一(勝手に命名)、水母棲姫。
制空権喪失となると姫が連撃を撃ってくる可能性もあるので
伊戦艦に水戦を搭載したうえで、陸戦1陸攻3の基地航空隊を投入
随伴を吹き飛ばしつつ制空権喪失も回避。
随伴は基本脆い艦ばかりなので
夜戦に突入する頃には問題なく姫以外全て沈めることが可能。

さて、夜戦では再び友軍艦隊が来てくれるのですが
Kan_colle_3082
同志!同志タシュケントじゃないか!
まだドロップするポイントにすら行ってない段階なので(第三ゲージボスマス)
その前にお目にかかれたのはちょっと眼福というもの。
カットイン時の「ウラー!」が巻き舌でかなりカッコよかったんですけど
中の人誰だろう・・・

Kan_colle_3083
Kan_colle_3084
ラスダンは運よく被害も軽微
夜戦突入と同時にイタリアの連撃で水母棲姫を仕留めて第一ゲージ完了。


続く第二ゲージは栗田艦隊の出番。
分派部隊、という設定なので連合艦隊ではなく遊撃部隊になるんですね。
Kan_colle_3085
Kan_colle_3086
こちらで採用するのは金剛、榛名、浦風、浜風、鈴谷、熊野、鳥海。
「栗田艦隊札が付いた艦娘」のみで編成することでスタート地点が変わるので
札の付いていなかった鈴谷と熊野は急きょE2に出撃させてきました。

Kan_colle_3087
最初は第二ゲージが出現していないので、まずはIマスへ。
ここに到達することで、新たなボスマス及びゲージが出現。
Kan_colle_3088
しかる後、改めてボスマスへ!

Kan_colle_3089
Kan_colle_3090
サマール沖三羽烏その二、戦艦棲姫改。
名前のとおり、おなじみダイソンの強化バージョンという感じですが
随伴に空母系が存在しないので、水戦をひとつ装備させておけば
容易に制空権確保で弾着が可能
陸攻などで固めた航空隊を3部隊すべてボスマスに集中させて
随伴を一気に壊滅させればさらに撃破しやすくなりますね。
まぁ何だかんだでダイソンなので、中破させても痛い一撃が飛んできますが。

Kan_colle_3091
Kan_colle_3092
最後は夜戦で榛名がトドメを叩き込んで第二ゲージ完了!

Kan_colle_3093
と同時に、さらなるボスマスと第三ゲージ出現。


Kan_colle_3094
再び志摩艦隊編成で出撃
今度は、Rマスに航空隊を1部隊派遣して空襲に対処します。

Kan_colle_3095
Kan_colle_3096
サマール沖三羽烏その三、空母水鬼。
こちらは、航空劣勢以下になると空母カットインを放ってくるということで
第一ゲージと同じようにイタリア艦に水戦装備
陸戦1陸攻3の航空隊を今度は2部隊集中。
モチのロンで決戦支援も送り込んでおけば万全です。

ラスダンになると、丙でも随伴に戦艦棲姫が追加
さすがにちょいとダメージを被ることになりましたが
昼戦で空母水鬼、戦艦棲姫ともに大破
残りの随伴は全て沈めて夜戦突入。

で、同志タシュケント旗艦の独ソ艦隊が再び友軍で来てくれたのですが

Kan_colle_3097
同志ガングートの一撃でまさかのゲージ破壊。
美味しいとこ持っていきましたね同志・・・(笑)

Kan_colle_3098
残る戦艦棲姫もきっちり沈めて第三ゲージも無事完了!
同志タシュケントは残念ながら攻略中のドロップならずでしたが・・・
まぁ後で掘りに戻ってこよう。


さぁ、冬イベも残す海域はあとひとつ!

|

« 艦これアーケード航海日誌(その101) | トップページ | 艦これ航海日誌(その348) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これアーケード航海日誌(その101) | トップページ | 艦これ航海日誌(その348) »