« 艦これ航海日誌(その325) | トップページ | アズールレーン航海日誌(その11) »

2017.11.19

艦これ航海日誌(その326)

Kan_colle_2821
Kan_colle_2822
秋イベ「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」!
いざ開始です!


さて、E1の難易度選択なんですが・・・


( ゚д゚)<甲と乙の報酬の違いは給糧艦と戦闘糧食だけ・・・?(情報確認中)

( ゚д゚)<・・・・・・

( ゚д゚)<じゃ乙でいいや


めんどくさがり屋と言わないで。


Kan_colle_2823
編成は、那智・三隈・阿武隈・潮・霞・初春と
史実での志摩艦隊に参加していた艦を多めに入れてみました。
(志摩艦隊の艦を入れると要求索敵値が下がる、らしいですが詳細は不明)
空母を編成に入れられない海域にもかかわらず空襲マスがあったりするので
駆逐艦は3隻とも対空カットイン仕様にしています。


Kan_colle_2824
Kan_colle_2825
まずはFマスとKマスに到達、これでJマスから新たなルートが出現する仕様。
どちらに進むにしても必ず2回、潜水艦と遭遇することになるわけですが

Kan_colle_2826
Kan_colle_2827
今回新たに実装された「対潜支援哨戒」を送り込んでみました。
仕様はまだはっきりしていないようですが、ひとまず
軽空母4・駆逐2に、対潜値の高い艦載機やソナー爆雷を満載してみたところ
かなりイイ感じで潜水艦を沈めてくれました!
(3隻編成だと支援だけですべて撃沈することも)
先制爆雷で対処してもいいんですが
そうするとその分ボス戦での火力が下がることになるので
これはありがたいですね。


Kan_colle_2828
Kan_colle_2829
追加ルートのO及びPマス到達でボスマス出現。
甲だとさらにEの空襲マスで航空優勢以上を取らなければならないのですが
乙では必要なし、のようですね。


Kan_colle_2830
ボスマスではこちらに空母がいない以上
制空権確保を諦めざるをえないのでそこはもう割り切って、吶喊ッ!
対空値のある陸攻隊を送り込みつつ、水戦×2を三隈に搭載しておけば
制空権喪失はばっちり避けられました。
ル級の連撃を防止できるし、決戦支援もうまいこと突き刺されば
敵艦隊を半分くらい開幕で吹き飛ばすことも。
こっちのボーキも吹き飛ぶ?知らんなあ

ラスダンではル級が2隻になったり、駆逐がナ級に変わったりしますが
全くもって問題なし!
Kan_colle_2831
Kan_colle_2832
夜戦突入後、那智が旗艦のヌ級改を速攻潰してゲージ破壊
残るル級も三隈がえげつない連撃(目安箱並感)で蹴散らし
大きな被害を出すことなくクリアとなりました。


Kan_colle_2833
乙以上の報酬である零式水上偵察機11型乙(熟練)!

Kan_colle_2834
11型乙に乗っていた由良さんっぽい妖精さんの他に
もがみんっぽい妖精さんまで乗っているのがカワイイ!
もちろんそれだけではなくて、熟練仕様らしく11型乙を上回るこの性能!
つよいよ

|

« 艦これ航海日誌(その325) | トップページ | アズールレーン航海日誌(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ航海日誌(その325) | トップページ | アズールレーン航海日誌(その11) »