« マシーネンカノーネ(ドイツ語)だったら完璧だった | トップページ | 劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza »

2015.10.01

ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和[グッドスマイルカンパニー]

N_yamato_1_2
「大和型戦艦、一番艦、大和。推して参ります!」

前回ホビー記事の大和改 軽兵装Ver.に続き、待望のねんどろいど大和!
ついについに発売です!


N_yamato_2_2
まずはゲーム中のグラフィックっぽい感じで。
優美さと凛々しさ、そして可愛らしさを併せ持った、艦娘大和の持つ雰囲気を
しっかりと再現した大和本体の出来もホント素晴らしいんですけど
それ以上に目を引く艤装のこのデカさ!
以前購入した金剛や比叡の2倍、いや3倍はありそうな大ボリューム!
おかげで通常の立ち姿でもこの迫力です。
艤装の両舷は左右に展開可能なので大和本体に干渉する心配はなし。
また各砲塔はそれぞれ基部が回転、46cm砲は傾斜角度の調節も可能。
46cm砲の各砲身はひとつひとつが独立可動し(副砲は砲身が一緒に可動)
「軍艦」らしい動きを演出出来ます。


N_yamato_3_2
艤装側面の副砲を高角砲と交換し、46cm砲の上に対空機銃を取り付ければ
大和改に!
左足のニーソの「非理法権天」も、かなりちっちゃいですがばっちりです。


N_yamato_4
下半身をお座りパーツと差し替えれば
大和スケールフィギュアでもお馴染みのしずまさんのイラストを再現!
この状態で、スケールフィギュアと並べて飾るのも良さそうですね。


N_yamato_5
艤装背面の46cm砲は、『提督の冬休み。』に載っていた設定資料によれば
「うしろの砲台は固定」とあるので本来ならば使われないっぽいのですが

N_yamato_6
3段アームを展開し、前方への砲撃態勢へと移行可能。
ねんどろいどオリジナルの燃えるギミック!
AGPの愛宕・高雄の背面主砲も可動しましたけど
こちらは完全に真正面を狙えるようになるのがすごくすごいです!


では、この背面の46cm砲も一緒に・・・

N_yamato_7
「敵艦捕捉。全主砲、薙ぎ払え!」

主砲、副砲すべてに砲撃エフェクトパーツがつけられますが
特に主砲のエフェクトはこちらもご覧のデカさ!
耳をつんざくような轟音が今にも聞こえてきそう!
全砲門斉射のこのド迫力はまさにねんどろいど史上最大と言えますね。

N_yamato_8
ゲームでは戦艦の弾着観測射撃に大活躍の、九一式徹甲弾も付属!
今回はやってませんが、先の砲撃エフェクトとあわせて飾るのもよさげですね。


N_yamato_9
「そ、それで直撃のつもりなの!?」

被弾エフェクトに大きな水柱を組み合わせれば
敵の猛反撃に大和中破!なシチュエーションに。
被弾個所がしっかり左舷なのが芸コマと言わざるをえないのです。
この水柱は、こういったピンチの状況だけでなく通常の砲撃シーンの再現でも
激しい戦いを演出するものとして使えますねー。


N_yamato_10
大和謹製のラムネ、そしてオムライスを持たせれば
まさに鎮守府のお昼のひと時
忙しい提督に美味しい昼食を振る舞ってくれる有能な秘書艦に!
オムライスのほうは時報には登場していないので
元ネタはおそらく『提督の冬休み。』のしずまさんのイラストかな?
ちなみに、史実の大和でも士官の食事として作られていたオムライス
上にのせるグリーンピースは縁起を担いで必ず奇数と決められていたそうで。
(奇数は割れない、つまり沈まないという意味)
しずまさんのイラストも、そしてこのねんどろいどでも
グリーンピースはしっかり「3個」だったりします。

「ヒトフタマルマル。ランチタイム。大和ホテル自慢の・・・」
N_yamato_11
「・・・ぁ、ぅ、ホテルじゃないです!」

中破顔がまたちょっと困ったような表情でもあるのでこんな使い方も。
自分でうっかり大和ホテルと言ってしまって
慌てて訂正する大和カワイイ。ちょうカワイイ。


N_yamato_12

N_yamato_13

N_yamato_14

N_yamato_15

N_yamato_16
「大和が一番ですか。少し、晴れがましいですね。
次の海戦もお任せくださいね」


他のあらゆるねんどろいどの追随を許さない圧倒的な存在感は
まさにねんどろいど最高傑作と言っても構わないでしょうね。
スケールフィギュアに続き、ねんどろいどもしっかり我が家にお迎えできたのは
大和嫁提督としてはこの上ない喜び!
艤装をぐりんぐりん動かしているだけでもすんごく楽しいです(笑)。

|

« マシーネンカノーネ(ドイツ語)だったら完璧だった | トップページ | 劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マシーネンカノーネ(ドイツ語)だったら完璧だった | トップページ | 劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza »