« 艦これ航海日誌(その151) | トップページ | マロン先生再び »

2015.06.29

艦これ航海日誌(その152)

Kan_colle_1032
さて、現状では最深部となる6-3、「K作戦」開始です!


この海域では出撃可能な艦種に制限があり
軽巡洋艦、練習巡洋艦、駆逐艦、水上機母艦のみ
(軽巡+練巡は3隻、水母は2隻まで)
・・・ということでしたので
Kan_colle_1033
夜戦火力も考慮に入れて、軽巡は川内と神通
駆逐艦は夕立、吹雪、綾波・・・と戦力として申し分ない改二勢がずらり。
水母は、遠征要員として確保してあった、軽空母に改装する前の千歳を。

Kan_colle_1034
軽巡には偵察機を載せ、弾着観測射撃で連撃を出せるように。
夜戦忍者=サンにはもちろん夜偵を載せておくぜ!

Kan_colle_1035
駆逐艦は夜戦連撃装備。
吹雪には照明弾を装備させておきます。

Kan_colle_1036
この海域では敵空母が登場しないということなので
千歳には晴嵐を載せて制空権確保と開幕爆撃
甲標的で開幕雷撃を担当してもらい、さらに探照灯も装備。
千歳のみレベルが極端に低いのですが(たまに遠征で使う程度なので)
実はこれでも問題なくいけたりします。


Kan_colle_1037
進軍開始直後のAマスで能動分岐。
Cマス(潜水艦マス)の方が少し敵編成が強めのようなのですが
道中の燃料・弾薬の消費を考慮してここはCマス一択!
その次のEマスでの戦闘を終えると再び分岐、今度は普通に羅針盤。
Kan_colle_1038
Kan_colle_1039
上の方に進めば戦闘回避、道中2戦でボスまで辿り着けるうえ
偵察機がミニマップ上を飛び、航空偵察成功で資材の獲得が可能に。
海域選択画面でも見られるこの島は
史実での第一次K作戦で二式大艇による偵察が行われた
「ジョンストン島」がモチーフのようです。
ちなみに、私の編成(軽巡×2・駆逐艦×3・水母×1)だと
上ルートに進軍する確率が高いらしいのですが
画像の並び順からも分かるように、初戦いきなり下ルートを引き
ここで運悪く綾波が大破して撤退することに。
しかし、その後は全て上ルートに進んでいます。


Kan_colle_1040
ボスマスは旗艦に戦艦タ級flagship
そして随伴艦に14年秋イベントで登場した駆逐棲姫と
一見すると軽巡・駆逐艦には厳しい戦闘を強いられるように見えますが
川内や神通の連撃がタ級を直撃すれば一発で撃沈も可能
駆逐棲姫にもかなりのダメージが期待できるので
実のところ心配する必要はナシ。
お前の信じる艦娘を信じろ!

Kan_colle_1041
ゲージ破壊可能となると編成が変化
駆逐棲姫が旗艦に、タ級flagshipが2隻に増加とやや厳しく。
ついでに、夜戦の要でもある神通が道中で中破
さらに追い打ちをかけるようにT字不利を引いてしまい
昼戦では駆逐艦2隻を沈めたのみという状況だったのですが
夜戦で鳴らしたウチの艦娘たちをなめてもらっては困る!

待ちに待った夜戦だー!とばかりにまずは川内がタ級flagshipを撃沈。
駆逐棲姫が神通を大破させて攻撃不能となるものの
Kan_colle_1042
続く夕立が駆逐棲姫をスナイプ!
吹雪が重巡リ級flagshipを、綾波が残るタ級flagshipを仕留めて
無事、S勝利をもぎ取りました!

Kan_colle_1043
編成の縛りもあって、提督さんの間ではけっこうキツいと言われてる6-3
しかし、我が鎮守府では道中の大破撤退もさほど多くはなく
思ってたほど厳しくはなかった印象。
そしてボスマスに辿り着きさえすれば必ずS勝利で帰還する
ウチの子たちの何と頼もしいことか!
・・・運が良かっただけかもしれませんがね。

|

« 艦これ航海日誌(その151) | トップページ | マロン先生再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ航海日誌(その151) | トップページ | マロン先生再び »