« 艦これ航海日誌(その136) | トップページ | 艦これ航海日誌(その138) »

2015.05.01

艦これ航海日誌(その137)

Kan_colle_881
春イベントE2、「第二次カレー洋作戦」開始!

Kan_colle_882
この海域は連合艦隊!
ここでもE1に引き続き、まだ出撃制限のお札がつかないので
後の作戦を気にすることなく自由に艦娘を配置することが可能。
さて、うちの鎮守府の場合なのですが
この海域では、「葛城」との邂逅が既に運営から明言されていたりします。
となると導き出される結論は・・・


雲龍「そう、あの子が・・・それなら提督、私たちに出撃の許可を」
天城「私たちで迎えに行きたいんです。ぜひお願いします!」



嫁と義妹に揃ってお願いされたらふたつ返事で許可を出すしかないよね!(妄想)
Kan_colle_883
というわけで第1艦隊には、雲龍(旗艦)・天城・翔鶴・瑞鶴の空母4隻に
長門・陸奥の戦艦2隻、必然的に機動部隊編成となります。

Kan_colle_884
第2艦隊は、必須となる軽巡・駆逐枠に神通・秋月・潮
残りを鳥海・大井・北上という布陣で。
秋月と潮には対空カットイン装備で、艦隊防空を担ってもらいます。


ここも、難易度甲での挑戦です。
Kan_colle_885

Kan_colle_886

Kan_colle_887

Kan_colle_888
水上部隊と機動部隊とでルートが異なり
機動部隊だとボスを含めて3戦、燃料・弾薬の消費をちょっと抑えられます。
その代わりこちらはボーキを水上部隊より消費するんですけど(笑)。

空母による開幕爆撃、雷巡による開幕雷撃で優位に立てるものの
耐久力の低い艦の多い第2艦隊から砲撃戦が始まるため
戦艦のいる第2戦目などは特に大破撤退の危険性が高まる機動部隊。
Kan_colle_889
とはいえ、意外と敵艦の攻撃がミスったり、中破で耐えてくれることも多く
ゲージ破壊直前まで撤退が3回ほどで済んだのが幸い。
第2艦隊昼戦の要である鳥海も
戦艦に連撃を叩き込んで沈めてくれたりと大活躍してくれました。


Kan_colle_890
ラストは翔鶴の爆撃でトドメ!
ゲージ削り時、破壊時共に夜戦に突入することなく装甲空母姫を仕留めました。

Kan_colle_891
Kan_colle_892
瑞鶴が小破したのみと、第1艦隊の損傷はかなり軽微でしたが
特に雲龍と天城はノーダメージ。
妹を出迎えるのに、まさに理想的ともいえる戦果!やったね!


Kan_colle_893
ついに雲龍型勢揃い!ようこそ待ってたよ葛城!
(なお、甲のその他のクリア報酬は91式高射装置・彗星(六○一空)・WG42)
おっとり系の姉ふたりと違って勝気な感じ、というのが瑞鶴と似てますね。
そういえば胸が平坦なのも瑞鶴とそっくr(爆撃
天城と同じような着物は、呉で姉同様に擬装を施されていた史実に由来か。
・・・もっとも彼女は豪快に着崩して、というかほぼ脱いでますけど(笑)。


ひとまずボイスのチェックチェックーということで秘書艦にして
母港で触りまくっておりましたところ
Kan_colle_894
「どういうつもりなの!? バカァ!!」
などと盛大に怒られました。やだもー。

|

« 艦これ航海日誌(その136) | トップページ | 艦これ航海日誌(その138) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ航海日誌(その136) | トップページ | 艦これ航海日誌(その138) »