« 艦これ航海日誌(その101) | トップページ | QMA天の学舎 第9回全国大会 »

2014.11.17

艦これ航海日誌(その102)

Kan_colle_592
Kan_colle_593
さてさて、第二次渾作戦の発動ですね。
今回は連合艦隊ではなく、駆逐艦を主体とした軽快な高速艦隊を編成

・・・ということで
Kan_colle_594
第一次作戦時の第二艦隊をちょこっといじくってこんな感じに。
(軽巡は、3隻以上入れるとルートが逸れてしまうとのこと)
川内を旗艦に抜擢したのは・・・

Kan_colle_595
Kan_colle_596
途中で夜戦マスがあると聞いて!!
・・・まぁ半分お約束みたいなものですが(笑)
毎回毎回、川内がすっごく目を輝かせながら出撃してるような気がして
ちょっと楽しかったです。
夜戦マスとは言っても、みんなのトラウマカットイン攻撃は出してこないので
探照灯や照明弾を持ってくる必要は一切ナッシング。


Kan_colle_597
ボスは初登場の駆逐棲姫。
帽子っぽい頭のパーツ、長いサイドテールと
夏イベで実装された駆逐艦・春雨に酷似したその姿は
史実の渾作戦で春雨が沈んでいることがモチーフとなっているようですけど
夏イベでの空母棲鬼・空母棲姫など
人間、というよりはむしろ艦娘に近い姿の深海棲艦も増えてきたことで
両者の関係性がおぼろげながら見えてきたような、そうでもないような・・・
まぁ個人的には、その辺ははっきりさせず
提督たちの想像に委ねたままにしておいて問題ないとは思いますが。
艦これの世界を自分なりにいろいろと妄想するのも楽しいもんです。

Kan_colle_598
駆逐艦・・・とはいえ「姫」にカテゴライズされる存在であるゆえ
装甲や耐久など戦艦クラスに匹敵するスペックで
まさに「お前のような駆逐艦がいるか!」状態(笑)。
軽巡・駆逐主体の編成のため、昼戦ではまともにダメージが通らず
必然的に夜戦に賭けることになるわけで
運悪く攻撃がミスったりで随伴艦が多く残ってしまうと少々やっかい。

なので。
Kan_colle_599
Kan_colle_600
支援艦隊はケチケチしなーい!(ペパロニさん風に)
今回は飛龍たち空母勢に友永隊やら流星改やら流星やらをガン積みして
航空支援をおこなってもらったのですが、これがなかなかイイ感じで
運がいいと3、4隻一気に沈めることもあって、非常に助かりました。


Kan_colle_601
Kan_colle_602
海域攻略の途中ボスドロで、夏イベでは結局会えなかった早霜と
今回実装となった朝雲をゲット!

私はイベントでのドロップ運はどちらかというと悪いほうなので
(2013年秋イベ・・・矢矧・・・うっ頭が)
早々に朝雲がドロップしてくれたのは嬉しいですね。


Kan_colle_603
Kan_colle_604
最後は能代の夜戦連撃でトドメ。


Kan_colle_605
クリア報酬の秋月!カッコカワイイヤッター!
駆逐艦・・・というよりはむしろ軽巡と言っても通用するスタイルの良さ
凛とした大人っぽい雰囲気は結構好みかも・・・
これは、史実での秋月が
軽巡並の大きさを持った艦であったことに由来するらしいですね。
・・・それにしても、『いつか静かな海で』のカバーで田中Pが
「2巻までに秋月さんを出したいな。」って書いてましたけど
本当に発売前に出ちゃいましたね・・・

Kan_colle_606
対空番長摩耶さまもびっくりな対空値!
新装備として持ってくる10cm連装高角砲+高射装置は
夕立砲と同等の火力に加えて怒涛の対空+10(あと命中・回避のオマケつき)と
駆逐艦の主砲としては現状最強と呼べる性能だったり。パナイ。
これが防空駆逐艦の実力というものか・・・!

Kan_colle_607
それにしても、秋月の艤装にちょこーんと収まっている
お供の長10cm砲ちゃんがラブリーすぎるわぁ・・・
ちなみに、母港で秋月をクリックすると
長10cm砲ちゃんが暴れていると勘違いすることがあるのですが
・・・私(提督)ってば一体どんな触り方をしたんですかねぇ・・・(白目)

|

« 艦これ航海日誌(その101) | トップページ | QMA天の学舎 第9回全国大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ航海日誌(その101) | トップページ | QMA天の学舎 第9回全国大会 »